2017-07-24

銭湯で隣にいかついおっさんが座ってきた話

どうもめだま家バイトの慎太朗です

最近銭湯にはまっています。家のお風呂は湯船が小さいので、
足を伸ばせず、なかなかリラックスできないのです。
銭湯だとゆったりと湯船につかれるので、日々の疲れが取れるので最高です。
昨日も、銭湯に行きました。
私は目が悪いので普段は眼鏡をかけています。
はずすと何も見えないほど目が悪いので、お風呂に入る時もメガネをかけたまま入ります。
洗うときは邪魔なので、眼鏡を外して、前んとこに置いて、頭を泡立てました。
するとふいに、隣に体のごついのおっさんが座ってきました。
そのおっさんは、背中から肩から腕やらケツにかけてがっつり龍の絵が入っていたので、
(他の場所も開いてるんだから、あっちに座ってくんねーかな。。。)とも思いましたが、
気にせず髪を洗い続けました。

すると突然その隣のおじさんが「シャンプー貸してくれ」と、言ってきました。
一瞬ひるみましたが、直後に(なんて図々しいやつなんだ、、、)と思いました。が、
そんなことは言えるはずもなく、何食わぬ顔で貸してあげました。

あんまり関わりたくないなぁ。。。と思いつつ、
頭を流し、次はスポンジで体を洗っていると、
その体洗うやつ貸してくれ」と、言ってきたので、そのスポンジを渡そうとしたところ、
「なんでだよ!それじゃなくて、ボディーソープのほうだよ!」
と、言ってきたのでボディーソープを貸してやりました。
(なんでこっちが貸してやってんのに怒られなきゃなんねーんだよ)と思いましたが、
ちょっと怖かったのでそのまま渡しました。

そのまま感謝の言葉もないままでしたが、体も流して湯船に向かおうと思い、
眼鏡をかけて立ち上がり、まだ座って洗っているそのおっさんを見下ろすと、
背中に絵が描かれていると思っていたのは、毛でした。
龍ではなく、毛でした。
ただ背中の毛が濃いだけの人でした。。。
そのおっさんは怖い人とかではなく、ただちょっとだけ図々しい体毛の濃い人だったのです。。。

眼鏡をかけていないと何も見えないので不便ですね。。。
にしたって、背中から肩、腕、ケツまで黒かったのですから、
怖い人ではなかったにしろ、ゴリラではあったかもしれません。。。
こちらはガンダムの詰め合わせとなっております。
機動戦士の袋詰め。。。
なんだかちょっと哀愁を感じますね。。。

今思えば、そのゴリラの、丸くて黒い背中は、どこか哀愁を感じました。。。

ではまた、次のブログでお会いしましょう。。。

関連記事